こちらのページでは「クラミジアの症状」に関して、説明をしていきたいです。

このクラミジアの症状に関してですが、結膜炎をおこす病原体でもありますが、いちじるしく多い症状とし性行為により性病を起こしてしまうこと。
クラミジア症状の中で性病の感染数が最も多いのも事実です。
クラミジア性病の症状

  • 尿道のかゆみ
  • 軽い痛み
  • 尿道からのうみが出る
  • 軽い排尿痛
  • 精巣上体の腫れ

症状が出てみ気付かない

クラミジアの症状は、感染してからも約1~2週間ほどで発病してしまいますが、
約50~60%の人は自覚症状がありません。

例え症状が出たとしても、「下半身の軽い痛み・カユミ」程度で収まります。
しかし、症状がしだいに悪化してしまうことで「膀胱炎、尿道炎」女性だと「感染が卵管、卵巣が広がる、炎症」などそれぞれ症状が悪化してしまいます。

クラミジアの症状は、はっきりと自覚できないので、怖い要素の一つ。