もともと症状が弱いため病気と気付かず、パートナーの
発症または検査で偶然見つかる場合も少なくありません。

妊娠中の女性にとってクラミジアは危険な病気。

早く治さないと、子どもが産めなくなる症状がおこります。
クラミジアをそのままにしておくと、「卵管、卵巣まで広がり、炎症を起こした場合、不妊症や早産、流産」など感染が拡大してしまいます。

やはり一番怖いのが、女性が妊娠している間に、クラミジアに感染し、そのまま放置してしまうことで、
出産時に赤ちゃんに産道感染してしまい、新生児にたいしても結膜炎などを発症してしまいます。

現在では、皮膚科などでクラミジア検査を行っていますが、その後に感染することもあるので、
少しでも気になることがあれば、必ず検査をうけましょう。

淋病の悩み

子宮外妊娠だけでなく「早産、流産」の原因にもなってしまうクラミジアの症状。

これはクラミジアだけでなく「淋病」にも気をつけ無くてはいけません。

淋病とは?
淋病は、淋菌の感染により起こる感染症。感染率は約30%で、産婦人科ではかならず妊婦のクラミジア検査が行われています。

男性の場合だと、しだいに尿道炎の症状がでて、排尿時に「針が刺さるような痛み」を感じたりします。

クラミジアは、淋病と比較して、軽い症状と言われていますが、本人が全く気づかないまま生活していくので、徐々に悪化していくことが問題です。

知らないうちに感染してしまうクラミジアも近年ではクラミジアを完治するジスロマックなどの抗生物質がでています、昔は一時的な効果しかない薬だったそうです。